2005年08月16日

頑張って3ニャンのママになります!

8月14日(日曜日)夜
健太がサラとスティッチを噛むので別部屋へ引き離しました。
始めとても鳴いていたが、しだいに諦めたようでした。
しかしその後、下痢と嘔吐を何度も繰り返し、元気がない。
子猫達と引き離した事によるストレスと思われたけど
念のため病院へ連れて行きました。
8月15日(月曜日)朝
酷い下痢では無かったので、
検査は様子を見てからという事になりました。
背中に輸液してもらって、お腹の薬をもらって帰ってきました。

健太は子供の頃から心臓が悪いかも知れないと言われていました。
でも健太の負担を考えて心臓の検査はしていません。
心雑音が聞こえる時もあれば、聞こえない時があるので
手術に耐えられない程悪くは無いとは思うのですが
もしもの時を考えて手術しないと決めたんです。
それなのに、今回の健太の問題行動に動揺して
私は、手術した方がいいかどうか先生に相談していました。
健太の為だと思って子猫を貰ったのに…
本末転倒だという事は判っていましたが
健太が大切だと思うように、
サラとスティッチも大切な存在になっているのです。

手術をしても健太の問題行動はおさまらないだろうと言われたので
検査と手術のリスクを背負ってまで
去勢する気にはなれませんでした。

少し落ち着かせてお昼から
3ニャンを一緒の部屋にしました。
部屋を出たい時は出られるようにしていますが…
殆んど3ニャンは近くに居ます。
それぞれ好きな場所で寝ていたりしますが
近くにいるだけで安心なようです。

健太も元気になりました。
肝臓のツボを押すと怒るので
ちょっと気になりますが…
健太のような体型の子は絶食すると肝臓が悪くなるそうなので
気をつけるように言われました。
少しずつですが、ごはんは食べているようです。

子猫達は相変わらず噛まれていますが
あまり気にしていないように見えます。
健太にしつこく追い掛け回されたら高いところに逃げています。
健太は何故か高いところに乗らないので…
(足が悪い事を自分でも判っているのかも。。。)

相変わらずお馬鹿な私で呆れている方もいらっしゃると思います。
先生も、動物は人間ほど馬鹿じゃないって、言いました。
少しずつですが、仲良くなってきたところです。
いつか一緒にくっついて寝ている姿が見たいですので
頑張ります!!

ニックネーム 健太のママ at 10:36| Comment(4) | TrackBack(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、こんにちは。
健太君、サラちゃん達が嫌いで噛んでいるわけではなさそうですよね。
引きずり回す、と書いてあったのも、
安全な所に運んでいこう!と思ったら意外と重くて・・・ひきずっちゃったのかもしれません。
(我が家ではそうでした☆)
私の家でも子猫がいるのですが、遊んでいるうちにエキサイトしすぎてぴーと泣き出す事があります。
でも、意外と本猫達は気にしてないんですよね。
ちゃんと手加減してるみたいです^▽^。
ホントに相性合わない子は、最初からだめなので・・・
きっと3匹仲良し猫団子も近いですよ^_^。

健太君の体の事はママが一番良く知ってると思います。
お医者さんと相談して、いろんな方にアドバイスしてもらって、
一生懸命考えてるんだからみんなしあわせになれると思います☆
悩む事心配な事あるけど、
その倍のしあわせもありますので、がんばってくださいね^▽^!
Posted by りゅう at 2005年08月16日 13:08
りゅうさん:
はじめまして!コメントありがとうございます!!
お兄ちゃんの力、結構強いので心配してハラハラするんですよね!
りゅうさんは沢山の子達を育てていらっしゃるので、色々経験されてるんですね。
励まされます!
良かったら3匹猫団子をまた見にきてくださいね♪
Posted by 健太のママ at 2005年08月16日 21:50
りゅうさんのおっしゃること、全くその通りだと思います。
仔猫もそんなに嫌がってはいないと思うし、健太君も手加減しているだろうし、むしろそうやって、猫たちの小さな社会を作り上げていっているのではないでしょうか。
な〜に、仔猫たちは賢くて強いです。何しろジンジンの孫ですからね!
Posted by てんぷら☆さんらいず at 2005年08月17日 02:07
てんぷらさん:
ありがとうございます!
そうですよね!ジンジンの孫達なんだもんね!
賢くて強い子達です!
時にはイライラして噛む時もあるのですが
子猫達は後には引きずりません。
健太の方が子供かと思うくらいです(笑)
Posted by 健太のママ at 2005年08月17日 11:13
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/44973

この記事へのトラックバック